努々疑うことなかれ

勢いとノリだけで書いてます

やりがいと基本指針

仲良しの永瀬担はいつだって的確。

元太を見ているとき松倉くんが視界に入ってくることを「紅茶飲んでるときにでっかい砂糖の塊に出会ったみたい」と言うし、視点を置く場所で見え方が全然変わって見えるとらじゃのことを「ルビンの壺」と表した。

私はこの永瀬担の感性がだいすきで、だからこそちょっぴり悲しくなったんです。

 

「今の松松厨って何にやりがいを感じているの?」

 

そう言った彼女はこちらを貶めるなんて微塵も考えていない むしろ純粋な興味で聞いてきたようでした。

悲しくなったのはこの発言自体でなく、この発言に あっちょっと痛い.......と思ってしまった自分に対してです。以前の私なら自信満々に返せていた松松はこんなに尊いんだぞエピソードを"今"に限定されるとパッと返すことが出来なくて。

 

思えばとらじゃ加入前、松松のふたりは他に友達いないんか?という程にお互いのこと・ふたりのことをずっとずっとこれでもかと話していて、振り返ればそれは貴重な歴史の山になっていました。

 

「松松で振り付けもしたいし、自分たちで構成を考えてコンサートをしたい。もっと前で歌って踊りたい。」と自分の夢には隣にいる人が決まっていて、喧嘩して仲直りすれば「悪いけど俺たち最強だよ」ってじぐいわ相手に言っちゃって、SHOCKに相方が出るとなれば当時高校1年生にも関わらず大阪まで飛んで、「最近つくづく思うのは今こうして2人が揃ったのがほんとに奇跡なんだってこと。」なんて平然と言ってのけて、、まだまだまだあります。こんなの本当に一部。

 

今、松倉担としては(再)降りたてホヤホヤいちばん楽しい時期でやりがいもめちゃくちゃ感じているんだけど松倉くんと同じ熱量で松松を見ることが出来ているのかというとそう頷けなくて、これを私の気持ちの問題と片付けてしまったらもう本当に仰る通りだしそこまでなんだけど、一歩踏み込んで考えたとき環境の変化というのが大きくあるんだろうなぁと考えていて。

 

グループに加入したことで松松に第三者が登場しました。第三者とはいちばん松松に近しいであろうメンバーであって彼等発信の松松を否定出来る存在は今のところいないでしょう。

 

松松に第三者が存在したのは、セク松のときの聡ちゃん・寺松松のときのテラ・Travis Japanになってからのメンバーと大きく分けたらこの三期だと思われます。

セク松や寺松松のときはエピソード量産マシーンだった松松ですがTravis Japanになってからなぜかいきなり稼働が少なくなって、その理由に仮説をいくつかたてました。

とらじゃメンバーは松松のことを松倉くんと元太ではなく、まず松松として見ているため松松が松松にプレッシャーや照れを感じたりしているのではないかとか。とらじゃメンバーが松松を分かりやすく伝えようとした結果、説明過多になってしまって我々が感じられる余白の部分が無くなってしまったのではないかとか。グループに入ったことによって松松で目指していた道は終わり、とらじゃで目指す道にシフトチェンジしたため今までのような切磋琢磨をする必要がなくなったのではないかとか。

そのどれもが分かるようでいまいち腑に落ちなかったりでもこれ以上を考えられる頭もなく.......。そしてこの全てが複合的に絡み合ったら仮説として有り得るものだと思うようになって。どれが良い悪いの話でなく。

 

これはもう捉え方によるので私においての話にしかなりませんが

私が愛した"友達でライバルで切磋琢磨できる運命シンメ"という松松はもういないのかもしれません。

それでも私は松松がすきで、松倉くんがすきだから松倉くんが大切に育ててきた松松を諦めたくないという一種の執着心やただ単にすきな人とすきな人の組み合わせだからすきという単純な理由だったりを孕むいろんな理由の"すき"です。

これについて「なんですきなのか?」の問は愚問でしかありません。

 

ただこれからの松松にどう向き合っていくかは考える必要があるでしょう。私のおたくスタイル確立のため。

松松が何を感じているのか、それはふたりにしか分からないことでどう足掻いたってもうどうしようもないことですが、存在しない松松に想いを馳せたところでそれは私にとって意味を成しません。価値なき行為です。

だって私は松松のことを全然知らない。知りたいとても。

現在に目を向けて松倉くんを主軸にしたときそっと隣に存在を感じ取るような、そんな愛し方が私含めた誰の負担にもならない気がします。

これはみんな共通の話じゃなくて私の話ね。

 

松松は考察対象としてものすごく興味深い。だから何かに作用された松松は松松じゃないように感じていました。勝手に。

そうじゃなくて周囲の環境も含めての松松なんだなと思ったら、何がどう作用して働いてここに至ったのかそれをじっと観察する必要があります。今までより大変になるでしょう。見るべき対象も考えるべきことも増えて。

でもそれがきっと私にとってのやりがいなのです。

 

「今の松松厨って何にやりがいを感じているの?」

 

あのとき答えられなかった問にも今なら胸を張って意気揚々と(多少答えになっていなくても)こう答えるでしょう。

 

松倉くんと松松を中心にTravis Japanを見るのは面白い!

夜も秋も盗めないよ

私の部屋、見たことあります?

結構イケてるんですよ。自分で言うのも何なんですが。白とピンクと緑で統一されていて、美術館巡りが趣味だったときに買い集めたポストカードとか貼っちゃったりしてあって、余白の存在の仕方が上手いと言いますか、今流行りのような韓国風のお部屋ではないけど年相応にイケてるんです。

そんな部屋に、もう今にも意志を持って動き出しそうな一角がありまして、私はそれを「雑誌タワー」と呼んでいるんですが、まあ読んで字のごとく積み重ねられた雑誌たちのことで、それはそれは本当に大量に雑誌があるんです。もう.......本当に大量に.......。

 

多分1月8日、私の誕生日。おたくを辞めようと思いました。

この私が、胎教がアイドルソングでもはや産まれる前からアイドルおたくだったと言っても過言ではないこの私が、おたくを辞めました。

 

ツイッターも見なくなり何の情報も入ってこなくなって何ならすっきりしたとも思っていたくらい、断捨離したあとのような爽快感すらあって。

 

 

きっかけは何かと聞かれたら2020年1月16日と答えるでしょう。

おたくとの会合がありました。

前日、ふと目に入った雑誌タワー。おたくを辞めていた期間はそこにあるにも関わらず気にすることのなかった雑誌タワー。

長い年月をかけて積み上げられたその雑誌たちは、私から松倉くんへの愛を分かりやすく可視化したもののように思えてならなくて。

感覚としては、鍵をかけて抑え込んでいたものの鍵穴を羽でちょっとくすぐられたような、甘さの残り香を味わうかのような、そんな感じ。

 

そして迎えた会合当日。

これがまあ端的に言うとめちゃめちゃはちゃめちゃに楽しかった。

ツイッター狂のおたく3人に囲まれていかにおたくが良いものかを力説され、そして力づくで実感させられ、こんなの体験しちゃったら他が全て色褪せて見えてしまうよってくらい。

 

会合とはいえ内容としてはカルタ大会と鑑賞会なので、過去のガムシャラとか少クラとか見ていて、最後の最後にMステと千年メドレーを見ることになったんですね。

ちなみにこのふたつはおたくを辞めている期間の出来事なので私はノータッチで初見。

 

バババの松倉くん、、正確に言うとその直後の松倉くんの動き。

あぁすきだ.......!!!

思い出したというより初めて知ったの方が近い程、「出会った」と感じて衝撃で脳天痺れてこの人を見ていたいと思いました。

 

楽しそうで愉快なおたくたち。

心に訴えかけてくる松倉くんのパフォーマンス。

 

私を松倉担にさせるには揃いに揃った必要十分条件

 

帰宅して、雑誌タワーを見たとき、

松倉くんと歩んできた歴史が自分にこれほどあることにまず驚いて、次に嬉しくなって、そしてこれからの道に期待せざるを得ませんでした。

抑え込んでいたものが一気に開放されたかのように楽しいことしか考えられない。

 

この記事をジャンル分けするなら、担降りブログになるでしょう。

私は松倉くんに担降りしました。

それくらい新鮮な気持ちで松倉くんのことがすきです。未来を行く松倉くんをずっとずっとどこまでも見ていたい。

 

気分屋な私のことだからこれは一時的だってこともありえる訳ですが、そのときはまたそのときで距離をはかっていけば良いかなと。もうね、先のこととか松倉くんの輝かしい未来以外考えられないの。

長く続けようと思って好きでいることもないし、松倉くんのことを何よりもすきだ!何よりも美しい!何よりも!何よりも!と思えたこの瞬間が事実でそれは消えゆくことなどないのです。

 

あなたのことがもっと知りたい。

知っても知っても知り尽くせないと思っていたのとはまた違う、前向きな「知りたい」。

この欲をどうしてくれよう。

あなたのことで頭をいっぱいいっぱいにするしか手段が考えられない。

ずっとずっとそうやって。

 

永遠は誓えないけど事実はずっと残り続けるから、そういった意味で

あなたは私の一生モノです。松倉くん。

リハビリ

どうも~!ジャニーズ事務所からの依頼で記事を全削除したおみで~~す!

 

 

...........とらびすじゃぱんのYouTube風に挨拶したら明るく聞こえるかと思ったけどダメですね。滲み出る悲しさが拭えない。

 

この間ね、岡山に行ったんです。

今バレーボールにハマってて。いや、バレーボールはずっとすきだったんですけど、自分の有り金を全て捧げられる歳になってからのスポーツ観戦というものは本当に沼で、一度の観戦でそれほどお金がかからないものですから毎週行っちゃう。毎週約5000円×2日が飛ぶわけですけどあまりお金を使った感覚が無く、それはそれは気軽に行ってしまう。

わたしの推しチームが岡山シーガルズと言って岡山を拠点に活動しているチームなんですけど、12月14日に東京での岡山シーガルズNECレッドロケッツを観に行って、その試合があまりにも良くて、えぇ???この試合で今季観れるのラストかもしれないの???と思ったら悲しくて、気づいたときには新幹線抑えて試合のチケットも買ってました。怖い。

神奈川在住なので関東で行われる試合は結構何処へでも行くんですが、神奈川から茨城までがなかなか遠くて車で2時30分かかるんですね。で、神奈川から岡山が新幹線で大体3時間だから、まあ岡山も関東じゃん?と思ってノリで行ったらATMの残高110円でした。え?

 

ここまでの話は特に意味ないです。(ヤバ!)

 

そんなこんなで岡山への道中、暇なのでメールチェックをしてたんです。

はてなサポートセンター?みたいな、見慣れないところからのメールを発見して。

その内容が、あんさんジャニーズ事務所の画像を無許可で使ってますなあ?7日以内に対応してくれなきゃブログ停止しまっせ?と、要約するとこんな感じで、ファイルにどの記事が該当するのかを添付してくれていたんですけど、全文字化けで何も読めなくて。

しかもそのメールに気づいたのが送られてきてから5日後とかで、もう大慌て。あと2日しか無いじゃん!と思ってとりあえず80記事全部削除しました。

岡山への3時間、この削除動作で潰したと言っても過言ではない。

 

まあブログへの思い入れはあったけど未練はそんなに無くて個人的には割と何とも思ってなかったんですけど、仲のいいおたくたちがほんとわたしより悲しんでくれて怒ってくれてまた書いてほしいと言ってくれて、人からの言葉で自分のブログの価値を見出したと言うか、全削除は惜しかったかもなあとちょっと落ち込み始めました。

 

元々、平プリ天才松松公演に感動しすぎてツイッターには収まらない熱い思いを吐き出したかっただけのこのブログは、いつの間にか松倉くん布教目的となり、なんだかたくさんの方に見てもらうような場になりました。

始めた当初に比べ、今ではファンも増え、ブログを書く方も増え、別にわたしが書かなくても松倉くんの魅力を伝えてくださる方は他にたくさんいるんだから書かなくて良くね?と思ったら、急にブログ熱が冷めてしまって。

そんな中で削除依頼が来たのでもう何の躊躇いも無しに消したんですけど、松松物語の記事だけは最後まで消すか迷って粘って、でもまあこれも画像使ってるしなあと思って消して。

そのときに、こんなに自分にとって愛着のある記事も生まれるんだったら書くことも保存しておくことも大切だなとふと感じて、こうやってまた書いてます。

 

ブログを始めたのは2016年だから3年分のここに保存しておいた思い出は消えてしまったけど、まあまた書けばいい話なので!なんか当時以上の熱量で過去の話を書けるかと言われると書けないんだけども!まあ、書きます。

 

ということで!

約80記事消えましたが!ぜひ今後もよろしくお願い致します!

おみでした!