読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努々疑うことなかれ

勢いとノリだけで書いてます

前のめり

本当はTwitterでつぶやこうと思ったんですけど、140字に収まりきりませんでした!だからそんな熱いブログでもないよ!(当社比)あと憶測でしか話してないからなかなか失礼なことも言ってる気がしますすみません。

 

後輩に関しては僕もオーディションの現場を見せてもらいました。『SHOCK』という場所はもちろん毎公演が勝負で、その中で向上していこうという気持ちが絶対的に必要なんですが、ただの修行の場ではないんですよね。

“この子はステージの上でその役を生きてくれるかなぁ”というのを感じさせてくれる子を選んでこのメンバーになっています。どういう子なのかっていうのは分かりかねている部分もあるので、稽古をしていく中で秘めているいい部分を引き出せるように、僕もお手伝いができたらいいですね

 

"オーディションの現場を見させてもらいました"ってことはオーディションが開催されて元太もオーディションを受けたってことですよね。松倉くんは少し微妙だけど。

SHOCKが松倉くんにもたらしたものを元太はこの世の誰よりも知っていて、自分も出たい!と思うのは当然で。

 

もし松倉くんが出演することが決まっていて、オーディションに参加したのなら、「まつくと同じ舞台に立ちたい」っていう(だけじゃないだろうけど)元太の気持ちが健気で愛らしくてまっすぐで強くて...。多分そこにあるのは「みんなが松松を望んでいるから」とかじゃなくて「自分が出たい」って純粋な気持ちなんですよね。なんだそれかわいすぎかよげんちゃん。

 

そしてもし、松倉くんも同じオーディションを受けていたのなら。どちらかが落ちる可能性だって大いにある訳だし、相方がやっていたものを奪う形にもなり得ない。それを覚悟して、それでも受けに行ったってことですよね。その心意気すごくないですか?これがグループであれば「ここは任せるところ」みたいな役割分担もできてくるんでしょうけど(それはそれで最高)、やっぱり彼らはJr.で、シンメで、一緒に進んでいきたい人だけどライバルで、その関係性めちゃくちゃいいなって思ったんですよね。すごくうらやましい。個人勝負と言われる東京で、ここまでやんごとなき個人勝負今までありました?ほんと松松っていったい何なんだ??

 

どちらにも共通するのは元太の「SHOCKに出たい」っていう純粋な気持ち、向上心で、その想いが確かに伝わったんだと思います。

個人的には最初に挙げた方が可能性高いかなと思いつつ、松松のふたりが揃ってSHOCKへ出ることは夢なんかじゃないってことがようやく飲み込めてきたので、そこら辺はあんまり気にしないことにします、気になるけど。

どちらにしろみんなが言っているように、松松として選ばれたのではなく、松倉海斗と松田元太が選ばれたっていうのが最高にかっこいい。ふたりの実力がいちばんに見える選ばれ方だなって。

松倉くんも元太も与えられた場所で最高のパフォーマンスをするため、今以上を常に求めている人なので心配はしていません。強いて言うなら体調管理とけがくらい。

SHOCK期間中は新たな層に見つけてもらい、SHOCK後はたくさんの人に再発見してもらえるような、そんな長期戦になりますように。いや、絶対にしよう!なる!

 

追記:松倉くんと元太同じオーディション受けたようです。やんごとなき勝負がこの世に存在した事実だけで飯3杯はいけますありがとうございました。