努々疑うことなかれ

勢いとノリだけで書いてます

結局わたしは松倉くんの何がすきなんだろうか

わたしをフォローしてくださってる方には大変申し訳ないと思う。TLに発信するのはいつも決まって「天才」の二文字。これは事案。ばり事案。

そしてこの現象を「事案」とこれまた二文字でしか表せないのも事々案々。案々of事々。

いや、間違ってない、松倉くんは天才、これは事実。ただ、それを天才としか形容できないわたしが問題。

結局わたしは松倉くんの何がすきなんだろうか。簡単にひとことで「全部!!!」なんですけどね。

でも細かく書き出すことで言葉の引き出しが無いなりに、なんとかなるかもしれない。なんとかなるを目指してがんばろう!

 

出会いは少クラ、一目惚れです。

踊っている彼に釘付けになって、わずかな出演シーンを何回も何回も飽きることなく繰り返し見て、カメラに対してぶれることのないまっすぐな姿勢で、この子は鏡の前でものすごく練習したんだろうなと思ったら愛おしさが止まらなくて。

努力家なところに惹かれたのがきっかけです。

だからいちばんはがんばりやさんなところかな。

 

当時は今ほど情報があふれていなくて、松松担先輩方の貴重な資料を隅々までじっくり読んで、思ったとおりのがんばりやさんなこと、生真面目な性格であること、松田元太くんという相方がいてジュニア界で天使として名を馳せていることを知りました。

少クラでは映ったのはほんと数えられる程度で顔はちゃんと認識出来ていなかったのだけど、そこで初めて顔を確認して、、、

ま~~~あこれがドンピシャタイプだったわけですね。

その時の松倉くんといったら顔のパーツが全てまるで出来てるんじゃないかってくらいたまごボーロでコロコロしていてほんとうにほんとうにかわいくて。今もかわいいことに変わりはないですけど。

お顔を認識していなかったら推しとどまりだったと思う。単純明快に顔がすき!

 

松倉くんをすきになった初期にそのときのイメージをノートに書いてあって、何が書いてあるかというと、、、

とんでもない負けず嫌い。超空気読める。悔しさをバネに頑張れる。人見知りとか言ってるけど内向的なだけかも。頑固、でも人の話は聞ける。周りをよく見てる。すぐドヤ顔する。超不器用。観察力がある。几帳面。真面目。ちょっと天然。よく笑う。DKノリ。ロマンチスト。

と、まあ一部抜粋ですけど言ってることほとんど今と変わってねえ(笑)

でもこのときはまだかわいいかわいいってしてた頃で、それが今みたいにかっこいいしんどいってなったきっかけはセク松だったと思います。

グループに選ばれたこと、とっても嬉しそうでそれでいて緊張感も漂わせている松倉くんを見て、仕事してる人だなあって当たり前のことすごく感じて。それがめちゃくちゃかっこよく見えたんですよね。

 

そして多分この頃あたりから雑誌で感じ取れる程度だけど元太に対する態度も大人っぽくなっていって。

今振り返ってみても2014年あたりは松倉くんが急速に大人になっていったなってイメージがあります。

そこからはもうかっこいいのオンパレード。

 

負けず嫌いって、言葉通り負けるのが嫌いな人を指すじゃないですか。

松倉くんほど勝ち気で誰にでもライバル心燃やしちゃう人なら、繊細で悔しさをダイレクトに感じちゃう人なら、負けを避けるために逃げることだって出来るはずなんですよ。

でもわたしは松倉くんが何かから逃げたところなんていちども見たことなくて。

どんなことに対しても絶望はしないところ、次こそは!いつかは!って言ってくれるところ、もうめちゃくちゃにかっこいい。

 

空気読めるっていうのは、書いた当時はプラマイどっちもの意味で使っていた記憶があります。空気読めるのはいいところだけど、読みすぎてもったいないなって思うことが多々あったので。

でもそれもセク松と同時期のガムシャラに出演するようになって、押しどころを学んだようでイケイケドンドンしているうちにたくさん呼ばれるようになって、ひとりロケも任されたりして。

あの快進撃はかっこいい以外の何物でもない。

 

今も変わらず自他ともに認める頑固代表松倉くん。自分のやりたいことが頭の中にきちんとあって、それを成し遂げるためにはゆずらない強い意志は昭和を感じて胸キュンです。(平成生まれ)

でも多分折れてあげないとかそういうことじゃなくて、納得するまで議論がしたいだけだと思う。想像。

だから、松倉くんのもとにいろんな人が感想だったりを言いに行きたくなるなるんじゃないかなあ。

 

過去に体調不良で舞台をお休みしてしまったとき、その何公演に来ていたファンのためだけに謝っているテキストがものすごくすきで。

「今日、初めてこの舞台を観に来る人がいるんだ。ひょっとしたら、その人の人生を変える日になるかもしれない。がんばらなきゃ!」

という想いで風邪をおして舞台に立ったら悪化してしまったという話なんですけどね。

何回も同じ公演を繰り返すことで遊びに走るジュニアが多い中、誰かの人生変えるつもりでひとり舞台に立つ松倉くんめちゃくちゃかっこよくないですか。かっこいい。

そしてファン想い。かっこいい。

仕事に対する姿勢激アツですよね。

 

このブログでは何回も言ってますが、かっこいいをかわいいでコーティングしたのが松倉くんだと思ってます。

もう超かっこいいのに、少しのもろさだったり人間らしさだったり抜けているところだったりがあってほんとたまんない。

 

 

 

結論。

これからどう成長していこうと、松倉くんが折れないでめげないでいてくれる限り、全て受け入れられる気がしてるくらいすきなので、何がすきとかくだらない。

 

もうね、わたしが書いたこと全部くだらない。

もし列挙したすきなところが変わってもまたすきになってしまうんだと思う。だからすきなところなんて不安定なもの挙げていったってしょーもない。すきなんだから仕方ない。

誰だよ、細かく書くことで言葉の引き出しが無いなりに何とかなるかもしれないとか言ったやつ。(わたし)

 

なんとかならねえ!!!!

 

言葉の引き出しのなさが浮き彫りになるだけじゃんかよ。事案だわ。

このくだらなブログ読むくらいならまちゅまる100回読んだほうが有益です。あっ読んでくれてる人いたらありがとうございます...でもみんなまちゅまるの方読もうな...

 

フォロワーさんには申し訳ないけれど、わたしはこれからも「松倉くん天才」スタイルでやってこうと思います。なんの決意表明。

 

ずっとだいすきでいさせ続けてくれてありがとうだよ!!これからもだいすき松倉くん!!自担天才万歳わっしょい!!!